節分特集

節分は「季節を分ける」という意味があり、
本来は「立春・立夏・立秋・立冬の前日」を指します。
特に立春は1年の始まりと考えられ、
素晴らしい春を迎えるための行事として定着しています。

今年の節分は2月3日。

豆まきをしたり、恵方巻きを食べたり、
新しい年の無病息災や家族の幸せを願う
楽しい一日にしたいですね。

節分の食卓にぴったりのうつわ、インテリアで
よりいっそう気分を上げていきましょう。

恵方巻におすすめのうつわ

節分に食べる細長い恵方巻きには
長皿がぴったりです。
一般的な恵方巻の長さは18cmほどと言われます。
余裕をもって盛り付けられるサイズなら
テーブルに置いた見た目も美しく、
より美味しそうに。

恵方巻の手作りに

ご自宅で手作りをする方は
調理道具にもこだわりたいですね
玉子焼き用のフライパンや
美味しいお米が炊ける炊飯土鍋もおすすめです

取り分けに便利な小皿・小物

小さいお子さん用に切り分けて食べるご家庭には
銘々皿が便利です
こだわりの醤油皿や醤油差しがあると
さらに雰囲気の良い節分に

春のはじまり「立春」

節分は「立春」の前日
春の訪れを感じる日でもあります
梅の花が咲きはじめる季節
お家の中にもお花を生けて
春を呼び込みませんか
人気の水盤や花瓶をご紹介します

鬼は外・福は内

鬼の置物は節分の飾りだけでなく、
魔除けや厄除けにもおすすめです。
「福は内」を表す「おかめ・おたふく」のモチーフは、
古くから縁起物として知られます。